当サロンのレイキセミナーは、現代霊気ヒーリング協会公認のレイキマスターが、協会制作の最新の公式テキストを用いてマンツーマンで対面伝授します。大人数でまとめて受講するセミナーと違って親切丁寧に教えていきます。レイキセミナー以外に毎日整体と併用してレイキを使っているため、セミナー専門で教えているレイキマスターよりも精妙なレイキをお伝えできると自負しています。レベル1だけでもレイキの恩恵を受けることはできますが、より高度なことに興味があれば次のレベルへ進んでください。次のステップへの受講期間はある一定の決まり事はありますが、ご自分のペースで段階的に受講して行ってください。当サロンではレイキの間違った認識をしないために、セミナー受講前に基礎知識のテキストでレイキの基本や知識と特徴を紹介しています。

★レベル1(初伝)…ヒーリングができるようになる

 テキストを用いてレイキの基本と手当療法を学びます。その日から自分、他人、ペットなどあらゆる対象を癒すことができるようになります。自分の手を相手に軽く当てたりかざしたりする「レイキを流す」という、基本的かつ初歩的な能力を得ることができます。誰でも生まれつき自分の中には高い次元との繋がりを持っていますが、レイキの回路を開いてあげるとただ手を当てるだけで、自分も相手も同時に癒されて色々な作用が起こることに驚かれることでしょう。癒しの基礎能力を完成させるステップでもあります。レベル1で得たヒーリングの能力は一生の宝物になります。まずはレベル1を受けていただければ、楽しいレイキライフが始まります!

1.レイキの基礎知識や概要説明
2.レイキヒーリングの基本と実践方法
3.自己浄化と自己成長のヒーリング(1)
4.レイキの回路を開くアチューメント(3回)

◎実践方法

 レベル1を受けて実践することは、身の回りのものにレイキで癒してあげることです。何から手を付けていいのか悩むことはありません。目の前にあるもの全てを癒すことができます。誰かにレイキを施し、その反応や感想をもらうことも大事なことです。最初は「本当にレイキが流れているのだろうか?」と不安に感じたりしますが、手を当てることの実践を重ねることで温かさや掌がジンジン痺れる感じがします。相手の反応や実際の効果を少しずつ感じることを繰り返すことで徐々にその不安は解消されていきます。無理矢理何かを感じようとしないで、自分の念を使わずにレイキに任せて淡々と手を当てることがレイキの基本で、今後のステップアップの土台になっていきます。時間がある時に行う感覚でもいいですが、レイキを日常生活の中に取り入れて習慣にしてしまうことをお勧めします。レイキはやればやるだけ感じ易くなります。とにかく手あたり次第レイキしてみることです。

◎レイキ交流会への参加

 自分の周りにレイキを受けてくれる相手がいない場合は、定期的にレイキ交流会へ参加することも大事なことです。交流会に参加すればレイキマスターや参加している他のレイキ実践者から色々なアドバイスがもらえます。交流会はレイキ仲間からの刺激も受けるので絶対にお勧めです。レイキは習いっぱなしではなく、定期的に自分の状態をチェックしたり、レイキマスターからレイキの流れを強化する「霊授」を受けることも大切です。

★レベル2(奥伝)…シンボルを活用してヒーリング能力を向上する

 ヒーリング能力を高めるために3つのシンボルと言霊を伝授します。目の前にあるものだけにレイキを漠然と行っていたやり方から、「目に見えるもの、見えないもの、時間空間を超えた対象」に対して、具体的な目的に応じたヒーリングができるようになります。シンボルと言霊を活用することにより、自分自身のレイキがよりパワフルになり使用用途が多彩になるので、癒しを求める多くの人に効果的に提供することができます。

1.シンボルと言霊の伝授
2.3つのシンボルの意味と使い方(パワー、調和、時空超越のシンボル)
3.自己浄化と自己成長のヒーリング(2)
4.3つのシンボルをアチューメント(3回)

◎実践方法

 レベル1では手を置いたりかざすだけのシンプルなヒーリングでしたが、レベル2では目的に応じたシンボルと言霊を使ってレイキを行うので、敏感な方はシンボルの波動の違いを感じることができます。個人差はありますが、ヒーリング能力が高められるので、レベル1に比べて自分の手や相手の感じ方がよりハッキリと判るようになります。レベル1できちんと実践しても何となくしか判らなかった方も、レイキの具体的なやり方が整理整頓できるのでレイキを実感できる方が多くなります。シンボルを使って繰り返しレイキと繋がることによって、レイキを自然なものとして感じられるようになります。実践ポイントはレベル1と同様で、短時間でもいいので日常生活の中で毎日レイキを続けて習慣にすることです。レイキは使えば使うほどエネルギーを感じ易くなります。レイキと繋がったら手を当てたりかざすだけで自分の念を使わないようにしましょう。即効性のあるものではないので、何も感じなくても変化が無くてもしばらくすると効果は出てきます。

◎シンボルの超越

 レイキの系統によってシンボルと言霊(マントラと呼ぶところもある)を最重視するところもあって様々な認識がありますが、シンボルや言霊はあくまでも初心者用のツールです。シンボルの活用でレイキとの響き合いが高まりますが、シンボルを使ってレイキとコンタクトするのではなく、繰り返し体験することでレイキを自然なものとして受け入れるようになるためのものです。しっかりとした指導を受けてないレイキマスターが、自らの間違った解釈から変な教え方をしているセミナーが多くあります。シンボルは人前で使って見せたりするものではありません。エゴを満足させるようなものでもありません。シンボルはあくまでも初心者用のトレーニングのためのツールです。レイキを自然なものとして受け入れることができるようになれば、シンボルを使わなくてもレイキと響き合うことができます。シンボルと言霊を使うことによってヒーリング能力の向上は図れますが、霊気法のより高い次のステップ(レベル3:幸福への道)を求めるなら、シンボルを超越して自らの意識を高める準備期間とするように努めてください。

★レベル3(神秘伝)…霊格と精神性を向上する

 レベル2までは周りの人や物を癒してしてあげることを主体に行いますが、レベル3はレイキとの響き合いを高めて、安らかな心を保ちながら霊格や精神性を向上して行きます。宇宙の波動であるレイキは常に身の回りに存在していますが、レイキと意識的に繋がるのではなく、日常的な自然な響き合いから自分自身を高い次元に持ち上げて行くことになります。レベル3で伝授される「マスターシンボル」を使ってレイキの実践を繰り返して行くと、今まで以上に精妙に調和的になると言われています。レイキの最終目標は「人としての真の幸福に到達すること」です。

1.マスターシンボルと言霊の伝授
2.臼井先生の教えの神髄
3.シンボルの意味と使い方(最高のシンボル)
4.自己浄化と自己成長のヒーリング(3)
5.マスターシンボルをアチューメント(3回)

◎実践方法

 レベル3からは、レイキの目的が自他を癒すことから人生を安らかに生きることへと発展して行きます。大宇宙から発するレイキと共鳴するマスターシンボルを使うことによって、今までよりもレイキとの繋がりが強く感じるようになります。シンボルの活用についてはレベル2と同様ですが、一定の認識に到達すれば自分とシンボルの波動が一体化して、自然な意識でレイキと繋がるようになります。困っている時や悩んでいる時、方向性が判らない時、不安なことや様々なことで動揺する時、不幸を感じる時、安らかに生きたい時、自分自身を知りたい時、絶体絶命な時等、いろいろな状況でレイキを使ってみてください。これまでより直感的に自然に前に進むことができるようになるでしょう。霊気の神髄である臼井先生の教えを再認識して行くことも霊格を上げるために重要なことです。レベル2と同様に意識波動を高めてシンボルを手放して行きましょう。

◎更にギアを上げましょう

 ステップを踏んで学んできたレイキの受講が終了すると、落ち着いてしまって一時レイキとの繋がりが薄れて行く方がいます。レイキは使わなくても能力は消えませんが、せっかく習得したのに非常に勿体ないことです。テキスト通りに実践してもいいですが、ご自分が楽しく使いやすいと思った技法をピックアップして、シンプルに変えて行くことも可能です。大切なのは食事をすることと同じように、日常生活にレイキを取り入れて響き合って行くことです。レイキは本来のあるべき健全な状態に導いてくれるでしょう!

◎レイキマスター(レベル4)へのステップ

 レベル3までを習得された人はレイキを他人に教えることができる資格を得ます。レイキを実感して認識できるようになれば、レイキの良さを他人にも伝えたくなると思います。初期の伝統的なレイキでは限られた人だけに与えられたものでしたが、現代レイキではレイキの普及も使命として、多くの人にレイキを伝えて光の輪を広げて行きます。必要な時期が来たら更に精神性を上げるレベル4を取得することもいいでしょう。

★レベル4(極意皆伝)…レイキを極める

 自らの精神性を高めながら、レイキマスターとしての自覚を持ってレイキを正しく伝えて行くためのノウハウを学びます。臼井先生の認識を再確認して、レイキマスターとしての知識技術を伝授します。どんなレイキマスターからレイキを伝授されてもレイキの回路が開けると言ったら大きな間違いです。レイキの本質を理解してないと、レイキエネルギーの伝授が未完成で他人に本来のレイキを伝えることはできません。各種学校でも、信頼のおける先生から受ける授業は身に付きやすいと思います。レイキは誰から学んでも一緒ではありません。レイキに対する知識や理解度に差があればアチューメント(伝授)に差が出ても不思議ではありません。教えるレイキマスターにエゴがあればおかしなことです。これは私自身が身を持って体験していることです。そんなレイキマスターにならないように、現代霊気ヒーリング協会代表の土居先生から伝授していただいた内容を全てお伝えして行きます。レイキを極めるならレイキマスターになられることをお勧めします。レベル3までとは違った世界に到達できると思います。

1.レイキマスターの心得
2.エネルギー伝授の技法とアチューメントのやり方
3.霊気法の神髄、統合アチューメント
4.レイキマスターになるためのノウハウ

◎実践方法

 レイキマスターは臼井先生の示された「健康と幸福への道」を実践し、正しいレイキを伝える人です。教えることだけがレイキマスターではありませんが、自らがレイキを理解して継続実践していなければ、まともなレイキは伝授できないでしょう。マスターを取得した翌日から人に教えるのは現実的に厳しいと思います。まずはしっかりとした基盤を作って行きましょう。交流会・実践会・研鑽会等、高いレベルの人たちとの交流も、自己のレベルの状態を確認できる機会でもあります。日常生活で気軽に実践して行きましょう。正しい指導者になるには、受け手をレイキのクリアな通路にしてあげることを意識することが必要です。レイキとは何か?公式テキストを読み返して間違ったことを伝えないようにしてください。人に教えることによって必ず自分も成長していきます。教え方のノウハウも詳しく教えていきます。

◎レイキマスターの取得を希望する方へ

 レイキマスターはレイキを教えることや伝えたりすることだけではありません。人間として本来のあるべき健全な状態で、安らかで、豊かで、価値ある人生を歩むことが臼井先生の教えでレイキの最終目標です。多くの人に光を与える存在に近づき、自らが自然体で居れて共に穏やかな人生を歩めるように進んで行きましょう!当サロンは全セミナーを終了した後でも、きちんとフォローして行きます。レイキに関して心配なことは何でもご連絡ください。当サロンからは人間的にも素晴らしいレイキマスターがたくさん誕生しています。この場を借りてたくさんのご縁に感謝致します。